風来窯
ふうらいがま

大屋宇一郎

「越前で作って、越前ならではの雰囲気を持ちつつ、毎日の生活の中で使って楽しく、ほっとするものができるようにと思っています。」と語る。穴窯で焼いた古越前を彷佛させる器や粉引き(白化粧)の器、鳥や動物、物語の世界を形作った作品などを生み出している。
経歴
昭和46年
越前町(旧宮崎村)に生まれる
平成 6年
京都大学工学部建築学科卒
8年
福井県窯業指導所養成コース修了
越前町旧宮崎村共同陶房にて作陶
10年
イタリア・ドムスアカデミーに短期留学
12年
第1回「ユニークな器展」特別賞受賞
17年
アメリカ・フロリダ州にて製作実演
26年
風来窯を受け継ぐ
29年
伝統工芸士に認定