拓逢陶房
たくほうとうぼう

小原拓

越前焼の土味を活かして、使いやすい器を作ることを心がけています。
料理を盛った時に、自然な感じか。持ちやすいか。きちんと棚に収まるか等、現在は食器中心だが、今後は、薪窯の作品や、花器、伝統を残しつつ新しい越前焼も作っていきたい。
経歴
昭和52年
大阪府生まれ
その後、東京都小平市で育つ
平成12年
芝浦工業大学工学部電気工学科卒業
2年間会社員をする
平成17年
福井県窯業指導所基礎コース修了
平成18年
越前町小曽原にて独立
平成27年
工房を越前市今立に移す