踏青舎
とうせいしゃ

泉直樹

ホームページ
Facebook
昔ながらの越前焼の手法にこだわりながら、抜き絵、土盛り手などの手法で、日本の伝統文様を描いた器を作っています。
新しさのヒントは常に古きにあると思っています。日本の文化が培ってきた感性を器に取り入れて今に生かすことが、私達の生活の中のエッセンスになればと思っています。
経歴
昭和36年
宮城県仙台市に生まれる
平成 8年
越前焼 古川重山氏に師事
12年
独立 踏青舎開窯
18年
伝統工芸士に認定
19年
日本伝統工芸士会作品展入選
23年
米国ピットモント大学にて轆轤成型指導
23年
第9代故藤田重右衛門「最後の窯焚き展」プロデュース
24年
エッセイ「窯焚き」第15回風花随筆文学賞優秀賞