椿窯
つばきがま

五島哲

「焼き物の原点は土だ」、「土に主張させるのであり、決して作家の主張はしない」と言うとおり、土へのこだわりが強い。五島さんの焼き物は、地元の土を生かすことが新しい伝統となり、継承されていくとの思いで、土作りから物作りへ、そして越前焼の伝統作りへとつながっている。
経歴
昭和38年
陶芸の道に入り瀬戸で加藤釥先生に学ぶ
45年
福井県窯業試験場研修生として、韓国で黄鐘礼先生に学ぶ
47年
福井県越前町(旧織田町)に椿窯を築く
52年
韓国梨花大学、国民大学に作品を永久保存
平成 9年
福井県伝統的工芸優秀継承者表彰を受ける